1件1円の究極のプロモーション

Google社のビックデータを用いた
Webプロモーションのサービスページです。

公益社団法人 東京共同住宅協会様の事例

公益社団法人 東京共同住宅協会 プロモーション責任者 久保田 訓弘様 公益社団法人 東京共同住宅協会 プロモーション責任者 久保田 訓弘様

公益社団法人 東京共同住宅協会様は、土地活用プランナーという主に不動産業に従事される方向けの土地活用に関する資格制度を管理する公益団体となります。
今回は、Webプロモーションを活用して土地活用プランナー資格を不動産業の従事者に向けて広く広めた成功事例となります。

https://tochikatsuyou.jp/

東京共同住宅協会様では、様々なメディアやSEO、検索系の広告、雑誌や新聞媒体の広告を使い土地活用プランナー資格を宣伝されてきました。
その中で効果的な宣伝ツールを探す中で、弊社エンカレッジのWebプロモーションツールと出会いました。

実際に土地活用プランナーの資格は、不動産従事者と限定される為、不動産従事者をどうやって特定して効果的な広告を打つのか?が東京共同住宅協会様での課題でした。

2019年6月末現在
今年(2019年)9月の試験では、前年試験の2.5倍のペースでの申し込みがあり、この調子で進めば、過去最高の受験者数を記録できそうです。
また、直近では広告表示回数が毎月100万回を超え、多くの方々の目に触れるようになっています。問合せも増え、土地活用プランナー資格の知名度が上昇していることを実感しています。
その反面、広告費については昨年に比べて2分の1以下に削減ができており、かなりコストパフォーマンスが高いプロモーションが実現出来ているといえます。




不動産従事者をGoogleのビックデータの中から抽出し、試験会場のある都市を中心に以下の広告を表示させています。

広告

宅建資格の方も含めて、これから宅建資格の試験を受ける方にも土地活用プランナーを持つメリットを感じて貰う為に専用のLPも用意しました。
https://tochikatsuyou.jp/lp/

不動産従事者で上記のバナーを見て興味を持った方がクリックして、このページを参照するといった流れを作りました。

結果は、実際に試験を受験されたアンケート調査からもWebの広告を見て受験したという人が多い結果となりました。

上記のバナーをクリックした人の状況(2019年3月1日~31日までの集計)
*試験時期の関係から前半に広告を沢山表示させておりました。

クリックした人の状況

上記をご覧の通り、リンクしたページの平均滞在時間が2分と長く、適切な人に参照して貰っている事が分かります。

年齢層の分布

年齢層の分布

赤いグラフが表示回数で青いグラフがクリック数となります。
このグラフから読み取れるのが、若い世代より年齢層が高い層の方が土地活用プランナーという資格制度に興味を持っている事が分かります。
(不明とはあまりインターネットを日頃から使っていないITリテラシーが低い方の情報とお考え下さい。)

所得別の分布

所得別の分布

上位10%の年収とは、年収が約1,000万円以上の方となりますが、年齢層が高い人で年収が高い人と言う事で不動産会社の中でも上層部の人達が興味を持っているという事もこのグラフから読み取れます。

これはつまり、不動産会社の従業員に対して教育の一環として使えないか?という検討をされたという事も想定できる訳です。

男女比率

男女比率

男女比では、こんな状況でした。

【質問】このサービスを知ったきっかけはなんでしょうか?

新聞や業界誌などの紙媒体での集客に限界を感じていた中、弊社のパートナー企業さんから、エンカレッジさんをご紹介して貰いました。
これは使えると判断して即導入を決めました。

【質問】結果は、実際に如何だったでしょうか?

スタート時は、結果が心配でしたがスタートして2ヶ月を超えた時期から効果があるのではと気付き始めました。
実際2月の試験の時に受験者の皆様にアンケートをお願いしましたが、多くの方がWEB広告を見てこの資格を知ったと回答されていました。受験予備軍にターゲットを絞った手法は費用対効果がダントツで高く、新年度はWebプロモーションに予算を移し、土地活用プランナーの資格制度を更に広めて行きたいと考えております。

【質問】その他で、何が一番良かったですか?

専用のLPページ制作のヒントや、稼働後のLPページのデザインの見直し提案、定期的な解析データの報告、そして管理面も満足できるサポートだと思います。

以上、どうもありがとうございました。

結論

不動産業の特定という事もできるのが、このWebプロモーションのサービスとなります。
多くの企業様が不動産業にアプローチをされたいという事でFAXDMを活用されていますが、弊社では全く異なる手法で不動産業の従事者にプロモーションする手段を持っております。

世の中の流れは、紙媒体の広告からWeb広告にシフトしています、このWeb広告の一つが弊社の提案するWebプロモーションとなるのです。

この情報に興味を持ったら、お気軽にお問い合わせ下さい

お客様専用お問い合わせフォーム
ページの先頭へ