株式会社エンカレッジ メニュー

1件1円の究極のプロモーション

弊社の付加価値サービスとして、新規顧客開拓を行うサービスを行っております。
貴社の希望にあった新規顧客開拓を支援致します。

きけがわ歯科医院様の事例

きけがわ歯科医院 院長 亀卦川博仁様 きけがわ歯科医院 院長 亀卦川博仁様

きけがわ歯科医院様は、2006年に新横浜駅近くにインプラント治療等を中心とした歯科治療を行うクリニックとして開院しました。医院長である亀卦川博仁氏は、口腔外科・インプラント治療を専門に行っており、日本国内のみならず、海外からも治療に来られる知る人ぞ知る歯科医院なのです。

今回は、イビキ防止、そして睡眠時無呼吸症という社会問題にもなっている治療法を歯科医院から発信した事例となります。

2018年の11月末に神奈川県横浜市でバスの運転手が意識を失って事故を起こしてしまった事故も、この睡眠時無呼吸症候だったという報道もありました。
https://www.atpress.ne.jp/news/170937

このように睡眠時無呼吸症は、現代病でもあり、大きな社会問題にも発展しております。

睡眠時無呼吸症の治療には、CPAPという医療機器で酸素を強制的に寝ている時に口から強制的に送り込むといった治療法が一般的に用いられておりますが、寝難い、持ち運びが困難、電源を取らなければならない等で、使用が困難な人が多いとも、昨今いわれております。

今回のプロモーションは、CPAPの患者さんもしかり、旦那のイビキで悩まされている主婦などをターゲットとして、イビキをマウスピースで低減させるといった内容でプロモーションを行った事例となります。

<知って貰いたい人の特長の整理>

  1. 旦那のイビキが煩くて寝れないという不満を持っている主婦層
  2. 旦那のイビキを心配している主婦層
  3. 旦那が無呼吸症候群ではないのか?と心配している主婦層

この情報から、Google Adwordsの以下の設定を行いました。

(1)カスタム・オーディエンスの作成から行います。

カスタム・オーディエンス

イビキで寝れない、イビキを止める方法、睡眠時無呼吸症などのキーワードで検索して上位表示しているサイトをノミネートします。

(2)広告表示のエリアを決めます。

広告表示エリア

新横浜まで来院される可能性がある新横浜から半径10キロ圏内に表示するようにセグメント致しました。

(3)性別を選択します。

性別を選択

(4)年収でセグメントします。

年収でセグメント

今回のマウスピースの多くが自費治療のマウスピースとなる為、富裕層の上位10%に限定して表示させております。

(5)年齢でセグメント

年齢でセグメント

表示、そしてクリックしている女性の年齢から考えましても想定の結果通りでした。

(6)子供の有無

年齢でセグメント

多くが、子供が居る子育て世代であると解ります。
旦那の健康に気を使っている主婦層が多いという事も読み取れます。

(7)バナーの表示

これらのセグメントされた旦那のイビキで悩んでいる女性に対して、以下のバナーの表示をかけます。

バナー表示

(1)~(6)で設定した方々に、上記のバナーを表示させて、クリックすると
https://kikegawa.jp/oa/inspection/
に飛ばすようにしています。
旦那のイビキに悩んでいる主に主婦層と思われる人達は、上記のサイトに訪れ、マウスピースの価格のページや、イビキの説明ページを見た後、旦那と話して、診察予約を行うといった流れが築けられた訳です。

(8)リマーケティングの活用

上記の(7)でバナーをクリックして、https://kikegawa.jp/oa/inspectionに入った人達には、最長で540日間、この同じバナーが表示される仕組みとなっております。

(その他の設定)

バナー

同様の仕組みで、男性用、女性用にもバナーを表示させています。

【質問】このサービスを知ったきっかけはなんでしょうか?

経営者の朝会で、エンカレッジの堀越社長と知り合い、他のメンバーも活用して成功している話を聞いて導入に至りました。

【質問】結果は、実際に如何だったでしょうか?

ホームページアクセス数は、確実に伸びました。
来院までは、少しハードルがある為、時間をかけて啓蒙した事で、少しずつ問い合わせに繋がっております。

【質問】その他で、何が一番良かったですか?

設定から運用まで全てお任せで実現出来ている為、此方では、ホームページの内容変更や追加の作業しか発生しない所が楽に感じました。

【質問】ビックデータとAIと聞いて、難しいと感じませんでしたか?

Googleのビックデータを使うと、こんな事ができると分かり、ビックリしましたが、エンカレッジの堀越社長自身がマウスピースの必要性も理解されていたので、設定までは、打ち合わせも殆ど無くスタートできた事は、良かったです。

以上、どうもありがとうございました。

結論

個人情報保護法という法令もあり、個人に対するプロモーションは、非常に厳しい時代といえるでしょう。

しかしながら、このWebプロモーションでは、個人情報保護法に紐づく情報では無い、ビックデータを有効に活用する事で行える手法でプロモーションを行った事例となります。

ニッチであればあるほど、有効になる手法だと考えております。

この情報に興味を持ったら、お気軽にお問い合わせ下さい

お客様専用お問い合わせフォーム
ページの先頭へ