1件1円の究極のプロモーション

弊社の付加価値サービスとして、新規顧客開拓を行うサービスを行っております。
貴社の希望にあった新規顧客開拓を支援致します。

有限会社DYC様の事例

有限会社DYC様が手掛ける物産展.comでは、全国で開催されている物産展の情報を、どこよりも詳しく紹介しております。
http://bussan10.com/

物産展.com 運営責任者 長谷川直輝様 物産展.com
運営責任者 長谷川直輝様

通常、物産展に出展するには、物産協会や和菓子連合会・洋菓子協会などの会や協会に加盟をしない限り、物産展への出展の案内が入らない仕組みとなっておりました。
従いまして、地方都市の小さなお菓子メーカーですと、初出店で百貨店に問い合わせても、単独での参入が難しいのが現状なのです。

こういった状況を物産展.comでは、解決すべく、全国の物産展への出展情報をいち早くお知らせし、出展にも強力にサポートして貰う事が出来るのです。

その他にも、自社の通販サイトへのリンクや、自社サイトのリンクも全て無料で掲載する事ができますので、集客効果が高まるだけで無く、SEO対策にも効果があります。

ユーザインタビュー

有限会社DYCの物産展.comの運営責任者の 長谷川直輝 様の声です。

【質問】このサービスを知ったきっかけは、何ですか?

ポータルサイトを専門に取り扱う、株式会社しんがりの清水智社長の紹介で知りました。
(株式会社しんがり様のWebページ http://www.shingari.jp/
株式会社しんがりの清水社長には、このサイトの立ち上げから尽力して頂いていて、1件1円でメールDMを発信できるサービスがある事を教えて貰い、株式会社エンカレッジ様をご紹介頂きました。

【質問】結果は、具体的に如何だったでしょうか?

ポータルサイトの立ち上げ当初は、人海戦術で電話を行ったり、DMを郵送したり、FAX DMを行っていたのですが、登録数が少ない事もあり、殆ど相手にして貰えなかったのですが、1件1円の究極のプロモーションのメールを初回に1万件位に送ってみたのですが、最初から数十の登録得て、そして電話での問い合わせも何件か受ける事ができて、正直にビックリしました。

【質問】Webサイトから来る問い合わせと比べて質は、どうですか?

1件1円の究極のプロモーションメールで発信したリストに存在する産業の幅が、弊社がターゲットとしていた層に比べて、とても広がりました。
弊社は、当初、物産展に出展する食品メーカーのような所を想定していたのですが、エンカレッジさんからご提案頂いたリストの中には、実際に飲食業様も含まれていました。
試しに、そのまま発信を試みたのですが、これが高じて、これらの飲食業の企業様から、新規の登録を受ける事ができました。

弊社のサイトに入って来るお問合せの殆どが、食品メーカーや海産物などを取り扱う会社でしたので、我々の新しい気付きを生む事ができた訳です。

また実際に、想定していなかった産業の方からもメールを読んで頂き、そして、弊社の物産展ドットコムに登録をして貰った後に、物産展に出展されたお客様も現れました。

これは、弊社だけの気付きでは無く、お客様にも気付きを与えたのかと思います。

(飲食業様では、自社オリジナルなお弁当や、パフェ、クレープなどの持ち帰りが可能な商材の登録が行われました)

【質問】何が一番良かったですか?

メールの文章作成サービスが一番良かったと思います。
やはり、売り手は、買い手の目線では、なかなか良いメッセージが出せないのですが、エンカレッジさんに修正して頂いたメールの文章は、第三者目線で、読み手側の立場に立っていて、とても良かったと思っています。
我々も、お客様と弊社がWin-Winの関係になるメッセージの発信の仕方を勉強できて、とても良かったです。

単なるメール系の発信事業者だと、此方が言ったままの文章をそのまま発信しているのですが、エンカレッジさんの行って頂いたサービスは、文章の修正から、受信者の業務の流れ、そして、日時の選定も一緒に考えてもらい、他には無いサービスだと感じました。

ご意見、ご解答どうもありがとうございました!

結論

このように、ポータルサイトの運営では、先ずは登録数が上がらない限り、登録する企業や消費者も興味を持ちません。
また関連広告の掲載も新規で獲得するのは、難しいと言えます。

今回は、弊社の1件1円の究極のプロモーションを活用して頂いた事で、ポータルサイトの登録数を増やすだけで無く、物産展.comのサイトの存在を、想定していない業種にも広める事ができ、確実な認知度向上が実現出来た事例となります。