5万円からの究極の市場調査

弊社の付加価値サービスとして、新規顧客開拓を行うサービスを行っております。
貴社の希望にあった新規顧客開拓を支援致します。

株式会社トミーワークス様の事例

株式会社トミーワークス様は、平成2年からハウスクリーニングを手掛けられ、地元密着型のリピート率ナンバーワンの会社です。

株式会社トミーワークス様の企業ポリシーは、お客様の立場を常に第一に考えられており、「お客様が納得して満足して頂ける作業」そして「喜んで頂ける作業」を心がけておられます。

また、ハウスクリーニングのプロとして、8つのお約束を掲げ、お客様に快適空間のご提供はもとより、Face To Face のお付き合いによる安心感・スタッフの身だしなみ・言葉づかい・清潔感を大切にされている素晴らしい会社でございます。

株式会社トミーワークス 代表取締役 宮成明彦様 株式会社トミーワークス
代表取締役 宮成明彦様

http://www.tomyclean.co.jp/

会社概要ページ
http://www.tomyclean.co.jp/company.html

こんなサービス重視をされている企業であっても、口コミだけで新規のお客様を獲得して行くには、やはり限界があり、新規のお客様に、同社の素晴らしいサービスを知って貰う課題解決に、日々苦労されておられます。


 

そこで、今回は、弊社のブランディングアンケートを使い、こんな素晴らしいお掃除の専門会社がある事を一般の人に知って貰う流れをブランディング・アンケートで構築してみました。
 

ブランディング アンケートとは?

ブランディング アンケートの対象先に関して

地域を
神奈川県と東京都に限定して行いました。
(アンケート協力ユーザ数(候補者の母数):143,891名が対象)

このように、ブランディング アンケートでは、地域を限定して行う事が可能なのです。

状況質問・問題質問・示唆質問・解決質問 と言われる気付きの4大質問は、弊社と一緒に考えました。
USP(ユニーク・セリング・プロポジション)と言われる会社の独自性の強みのアピールするポイントが明確だった為、気付きの4大質問は、とてもスムーズに作成する事ができました。

1.状況質問の制作

設問1

これは、季節に合わせた状況を確認する質問となります。

2.状況質問(その2)

設問2

この時点までは、事実を確認する質問となります。

3.問題質問

設問6

ここでは、実際に殆ど全ての人が、当たり前に、自分ではやりたくないと思っている質問をわざと、質問し、アンケートに答えて貰っている人の秘めた想いを表面化させます。

4.示唆質問

設問7

前の設問で、自分で実は、お掃除を行いたくないといった事を改めて気付いた状況で、今度は、具体的にお掃除を行いたくない場所を考えて貰います。
この時点で、アンケートに答えている人は、『あ、そう言えば、〇〇の掃除、どうしよう・・・』と言った課題に気付く事になります。
『エアコンの清掃、自分では限界があるから、やっぱりプロに頼まないといけない』等の独り言が出たら成功です。

5.解決質問

設問9

株式会社トミーワークス様では、11月の早割りと、1月の遅割りのキャンペーンで新規顧客の獲得を行いたいという事でしたので、この解決質問を使って、使いたいと言ったニーズを引き出しました。

このように、気付きの4大質問をアンケートに組み込む事で、企業の認知度を向上させた事例となります。

状況質問

上記とは、別の流れで、年末にお掃除をしない方は、以下の流れで気付きを与えて行きます。

問題質問

示唆質問

解決質問

このように、お掃除をしないと答えたアンケートユーザにも気付きを与えて、お掃除会社を使うメリットに気付いて貰う事が出来るのです。

結果

合計して、414名の方にアンケートに答えて頂き、以下の情報を得る事ができました。

自分でお掃除を行いたくない方は、65%であり、3割近い人は、プライベート空間に他人を入れたくないと考え、6%は、掃除が大好きという結果が出ました。

また、お掃除を行いたくない場所は、以下の場所である事も判明しました。

これは、株式会社トミーワークス様のホームページでも紹介できるデータとなりました。
お客さんの本音の意見ですから、やっぱり、お願いするなら、全部お願いしたいといった感覚を作る事にも役立てます。

これが、正に、ブランドを作るだけで無く、一石二鳥のサービスである事がお分かり頂けるでしょう。

その他でも、以下のような結果も分かりました。

11月の早割りを使ってみたいか?の問いに対して、

やはり、7割の人が使いたいと言っており

また、掃除をしない人は、

64%の方がストレスを感じており、

ストレスを感じた人たちは、

約6割の人が、このサービスを使いたいと答えた事になります。

最後に

一般消費者に向けて、未知のサービスを知って貰うには、多大な時間と労力、そして、何より莫大な広告費が必要となってしまいます。

しかし、弊社では、そんな広告費がかけれない中小企業に向けて、一石二鳥の究極のブランディングと名付けた、ブランディング アンケートを利用して頂く事で、認知度を向上するサービスを展開しております。