5万円からの究極の市場調査

弊社の付加価値サービスとして、新規顧客開拓を行うサービスを行っております。
貴社の希望にあった新規顧客開拓を支援致します。

株式会社増田屋本店様の事例

増田屋本店様のメインブランドである、曽我漬は、曽我兄弟の仇討の物語より名付けられたお漬物です。 塩漬けされた大根、キュウリを刻んで水飴などに漬け込み、さらに独自に調合した酒粕、辛みベース等と合わせたお漬物で、辛さが絶妙に利いた豊かな味は食を進めると共に、多くのお客様に喜ばれている人気商品となっております。

株式会社増田屋本店 増田智宣様 株式会社増田屋本店
増田智宣様

増田屋本店様のページ
http://www.masudaya-site.com/

こんな地域に愛されている、美味しいお漬物であっても、一歩土地を離れると、なかなか認知して貰う事が難しく、全国の人に幅広く知って貰う手段を探されておられました。

また、現代の食生活の変化に伴い、お漬物の消費が下がっている中で、若い世代の需要を喚起する為に、同社では、ホームページに100種類を超えた曽我漬をトッピング食材とした調理レシピを公開されております。

曽我漬のレシピ集
http://www.masudaya-site.com/masudaya.cgi?field=5

しかしながら、一般常識では、お漬物は、ご飯のお共、または、酒の肴といった固定観念が打ち破れないのも実態でしょう。

このように、富士宮市で有名な曽我漬を全国の人に広く知って貰い、そして、曽我漬を単なるご飯や酒のお供だけでなく、トッピング食材として活用して貰う事を全国の人に幅広く知って貰う事を目的にして、弊社のブランディングアンケートをご活用頂きました。

上記に加えて、発酵食品である、お漬物が、人間の免疫力を高め、現代人の不足がちの栄養素を取る事の重要さや、健康面、美容面でも高い効果がある事も同時に伝えたいという事でブランディングアンケートの設問を作成致しました。

ブランディングアンケートの対象先に関して

地域を
全国にセット致しました。
(アンケート協力ユーザ数:約55万名が対象)

このように、ブランディングアンケートでは、地域を限定して行う事も可能です。

状況質問・問題質問・示唆質問・解決質問 と言われる気付きの4大質問は、弊社と一緒に考えました。

今回の目的は、以下の3点と設定しました。

  1. 全国の人に曽我漬といった存在を知って貰う
  2. 酒粕が健康面でとても良い事を認知して貰う
  3. 曽我漬が料理のトッピング食材として優れている事を知って貰う

1.状況質問

設問1

これは、お漬物を実際に食べるのか?といった事実を確認する質問となります。

2.状況質問(その2)

設問2

この時点までは、事実を確認する質問となります。
(1.で毎日食べる、1週間、1ヶ月に数回程度食べると答えた方への追加質問です)

3.問題質問(その1)

設問8

ここでは、先ず、お漬物が体に良い事をインプットする為に、問題質問に組み込みました。

4.問題質問(その2)

お漬物全体から、曽我漬の特徴でもある酒粕に関する具体的な効果を更にインプットさせました。

5.問題質問(その3)

これは、何を突然、と思われる質問になりますが、問題質問のキーになる質問となります。

6.示唆質問(その1)

設問7

前の設問で、コレステロール値が高い、少し高い、分からないといった答えを行った方に表示させております。
日本では、薬事法の絡みもあり、健康食品系で効能を謳えませんので、このように商品と切り離して、知って貰う事も可能なのです。

7.示唆質問(その2)

ここで最後の目的となるお漬物がトッピング食材として使える事をインプットしました。

8.解決質問

設問9

ここで、漬物が健康に良く、特に酒粕がコレステロール値を下げる効能があり、曽我漬が酒粕を使っている事を認識して貰えた事に加えて、パソコンが近くにある方は、曽我漬で検索して、様々なコメントを書き込んで頂く事ができました。

最終的に、全体の半数以上が、何らかのコメントを書き込んで貰う事ができて、増田屋本店様では、これらのコメントを参考にした次の活動プランが作成されております。

実際の質問の組み方に関して(動画)

https://youtu.be/KSUFWj6ziDo

結果

コメントの一部

結果レポートとは?(動画)

https://youtu.be/8KXBZgKk3x4

結果の生データとは?(動画)

https://youtu.be/YpMW3Qwjtuw

結果を幾つかピックアップしてみましょう。
前回回答数が、943名となりました。

漬物というキーワードですから、年齢層も高い事が分かります。

ご覧の通り、全体の84%が30代、40代、50代で占められました。

地域は、以下の結果でした。

物産展といったキーワードですから、地域は関係なく入って来ました。

お漬物を食べるのか?に関して

1週間に数回程度が一番で、毎日食べている人も3割に達しており、購買層としては高い方々がアンケートに協力して頂いた事が分かります。

お漬物(特に粕漬)は食物繊維が豊富だったり、抗菌性があり、病原菌の抑制機能等も期待できる事への問いは、

知っていた人が1/4程度で、多くの方が詳しく知らなかったという事が分かりました。

酒粕はビタミンB群や食物繊維、タンパク質、タウリンなどを多量に含み、生活習慣病や美肌、疲労回復などへの優れた効果が期待できる食品として医学的にも見直されている事への質問は、

殆どの人が知らないでお漬物を食べていた事が分かりました。

現代病で有名なコレステロール値が高いか否かの質問の結果は、

大凡、1/4で分かれて、気になる、少し気になるで、約半分位の方が、コレステロール値の値で気になっていると答えておりました。

コレステロール値が気になる方に、行った質問で、酒粕に含まれるレジスタントプロテインが、悪玉(LDL)コレステロール値を下げる作用がある事知っているか?の問いでは、

全体の78%が知らなかったと答えておりました。
粕漬がコレステロール値を下げる働きがある事、十分に認知できた結果といえるでしょう。

トッピングに関する問いに関しても

上記の様に、曽我漬をトッピング食材として使用する事に対する興味は、かなりの方々に持って頂いたといえるでしょう。

最後に

このように、地方の物産品で有名であっても、全国の人に知って貰う為には、多額な広告費を費やして、宣伝を行うか、または、全国放送のTVで取り扱って貰うか、雑誌や新聞などで紹介して貰わない限り、日本全国に広く告知ができないのが実情でしょう。

弊社のブランディングアンケートを活用する事で、その商品が持つ特性を顧客に十分に理解し、実際に買ってみたい、食べてみたいといった期待にニーズを変化させる事が可能となるのです。

B to C (一般消費者向けビジネス)において、消費者にニーズを持ってもらう事ができるとても有効的な仕組みが、ブランディングアンケートなのです。

この情報に興味を持ったら、お気軽にお問い合わせ下さい

お客様専用お問い合わせフォーム