社会貢献

株式会社エンカレッジの
CSRの考え方や社会貢献活動についての
取組みなどを紹介いたします。

社会貢献

少子高齢化社会に向けた活動

今年から来年にかけて本格的に団塊の世代の方々が、ビジネスの世界から離れて行きます。
定年を一旦迎えて、再雇用されている方も数多くいらっしゃいますし、定年延長で今年に定年を迎えられる方々も多くいらっしゃると聞いています。
これらの方々とお話しする度に、常々からもったいないと感じておりました。

その為、先ずは弊社のようなベンチャー企業が、積極的に経験豊かな人材に協力を求めるべきだと考えました。
現在考えている内容は、以下の通りです。

  1. 首都圏の経験豊富な団塊の世代の方と、地方都市のベンチャー企業のコネクション(エンゲージメント)です。
    殆どの地方都市の企業は、東京に販路を持っていません。一方、定年を迎えられた多くの企業人である団塊の世代の方々は、首都圏に多くの人脈を持ち、そして経験も沢山持っております。
    これらの方々を繋げて、Win-Winの関係を構築致します。
  2. 次にリモートセールスの人材として、営業経験豊かな元気な高齢者の方に参画を求める予定です。
    弊社のサービスに必要なのは、営業マンとしての長い経験と勘です。
  3. 将来的に弊社の中長期計画にあるエネルギー産業への参入やゴルフ場へのEV充電ステーションの設置、
    そして小規模な発電システムの設置、省電力化の推奨の業務に携わって貰いたいと考えております。

私が知っている多くの定年を迎えられた諸先輩方々は、生活の為に働くと言う事より、人生のやりがいだったり、社会への貢献、そして、明日の日本経済を考えての活動に、とても意欲を持たれておられます。
そう言った方々に地方活性化の応援をして貰いたいと考えている訳です。

この仕組みは、フルタイムにお願いするお仕事ではありません。
多くの団塊の世代の方々に、お気軽にご参加して頂ければとても助かります。

Facebookに弊社管理サイトである
”いいね!団塊の世代”

http://www.facebook.com/dankainosedai

をオープンしました。

女性雇用に関して

日本政府も女性の雇用増大が課題と言っております。
弊社が目指す女性雇用は、会社に出勤せずにできる仕事をワークシェアリングするサービスです。
これにより、子供が小さい時にでも家で仕事ができるワークシェアリングを目指します。

障がい者雇用に関して

世の中には、健常者が就かなくとも務まる業務が沢山存在しております。
その一つが、コールセンター業務です、コールセンターは、障がい者の方々の活躍の場なのです。
弊社では、盛岡にコールセンターを置き、営業支援を実施しております。 

http://www.encourage-sol.jp/standard/index.html
 

最後に

上記の様に、弊社では、新たな雇用を目指して、日本の国益に貢献するサービスを日々考え続けております。
弊社と共に一緒に社会貢献をして頂けませんでしょうか?

株式会社エンカレッジ
代表取締役 堀越基史

この情報に興味を持ったら、お気軽にお問い合わせ下さい

お客様専用お問い合わせフォーム